スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

ネタ晒しということで 

2009/09/25
Fri. 07:14

死神の口づけ
も、今日も明日も作業で死んで来る予定だから、今のうちに落書き落書きっ(´∀`)
ついでにネタ晒し。ほんと、これも漫画描かない・・・予定? だし??
そのうちlogに収納しようかな。


主人公の優(ユウ)のもとに突然やってくる雫(シズク)。
普通に「自分は死神だ」とか「あんたの命を攫いに来た」とか暴露しまくり。
「あんたの死期が近いの。だから、これからあんたの傍で生活して、
 時がくればあたしが1番に命を攫う! だから、よろしくねっ?」

雫はおバカちゃんで、優は、地味な優等生キャラ。

よく分からないまま、優のクラスに転校してきてつきまとう雫。
雫はかなり優にべったり。
優は邪険にするものの振り回されっぱなしでドタバタしてばかり。
それまで地味に地味に無気力に生活してきた優の生活は一変。

雫は、決して優に絶望の時間を与えに来たのではない。
それに気づいてから、優の雫への態度も変わってくる。

死神のルール。情を移してはいけない。死神の恋はタブー。
巡る魂の、輪廻するための行為で、唯一の希望であるのが“仕事”。

イベント
①車に轢かれそうになった優を思わず助けてしまう雫
②他の死神登場。命を攫わせまいとする雫の攻防。
③優とこのまま居たい、と考えてしまって・・・・・・・で、そのあとのすれ違い。
④ルールとタブーの話

「だからさ・・・もっと強く“生きたい”って願って。
 私がっ、最後の最後まで・・・あんたの命に、触ることっ、出来ないように・・・っ!!」


ふぃー、とりあえずネタだネタ。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。