スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

 

2009/05/11
Mon. 02:25

バトン回答しますー!!
その名も「オリキャラ2人を体育館に閉じ込める★バトン」…!

くれはさんがやってたんですけどね、何とまぁ最後の「他の閉じ込めたいキャラ2人」で
セウとツェオリの組み合わせも挙げてくださったので…!!!
嬉しいです~、だって、いつも私が無断で持っていきますもんね!(笑)


でも、ちょっぴり変えさせてもらいますね。ごめんなさい。

体育館を、倉庫に……!!!

…だって、どうしても体育館だと犯罪になるんですもん。
どう頑張っても、学生のツェオリと教員のセウ。
……うあああああ犯罪!!犯罪の匂い!!!(何をさせる気だ

てことで、申し訳ありませんが倉庫に閉じ込めまっす☆←


…で、答えてみたら予想以上に長くなりました!!
会話でストーリー性を持たせたのがいけなかったか…!!

ちなみに、何だかちょっぴりネタばれ気分です。
本編の雰囲気がこれで掴めるんじゃないでしょうかー。


そして、バトンに合わせて絵も追加。
…正直に言おう、楽しかった。
いやぁ、この二人を描くと自然に絡んでくれるから楽しい楽しい(ぉぃ
あやしい


それでは長くなりましたが、バトンは追記からどうぞー。
オリキャラ2人を体育館倉庫に閉じ込める★バトン

あなたのお子様を2人を体育館に閉じ込めてしまいましょう。
何が起こるかは作者様の妄想力次第です♪


Q1さあ、閉じ込められてしまう可哀想な2人は誰ですか?
セウとツェオリです♪ くれはさーん、ちゃっかり受け取りましたよ!(笑)

Q2どうしてその2人は閉じ込められてしまったんですか?(故意・ありえない偶然の重なり…など)
うっかりです。倉庫は内側からは開かないようになっているのに、つっかえ棒とか忘れちゃって。

Q3以下の質問は、片方のお子様目線でも会話でも、どのようにでもお答えください。
ツ「分かったわ。」 
セ「可愛いお嬢さんの頼みなら喜んで。」

Q4閉じ込められてしまいましたね。
ツ「ちょっ、えっ!?セ、セウこれ開かな…!!」
セ「…あぁ、しまった。押さえるのを忘れていたよ」
ツ「……わ、忘れてた、って、どうするのよ馬鹿!! ま、魔法は!?」
セ「いやー、ここちょっと特殊で――」
ツ「………」
セ「? 何だいツェオリ、後ずさって…」
ツ「……私の半径3メートル以内に近づかないで…」
セ「………残念だけど、この倉庫、そんなに広くないからね」
ツ「…あーもう…」

Q5いやらしいこと考えていないですか?
セ(…んー、状況的にはおいしいんだけどねぇ…この様子じゃ…)
ツ(……出たい出たい出たい。ナグサ帰ってこないのかな……どうしよう、怖い)

Q6相手の方はどんな感じです?
セ「…あのさ、そんなに睨まなくてもさぁ」
ツ「日頃の行いを省みなさい」
セ「……そうまで警戒されると、逆に誘ってr
ツ「黙んなさいこの女好き!!そのまま壁際に立っとく!分かった!?」
セ「はいはい… (…強気に振舞ってるの見え見え)」

Q7あ。あなたは偶然、食料を持っていました。クッキー一枚です、どうします?
セ「…あ」
ツ「……何」
セ「ほら、クッキー。ツェオリ、あげるよ」
ツ「え、や…いいわ、セウが食べ――」
セ「そんなこと言わずに、ほら」
ツ「っちょ、こっち来な――んむっ」
セ「はいはい食べてー」
ツ「…んっ……んぅっ!!!(ちょっ、押し込まな…やめ…っ!!) けほっ、ごほ!!」
セ「はい完食。おいしかった?」
ツ「…っあ、味どころじゃ、無い…っ!!ばか…!」(涙目)

Q8夜になってしまいました。相手の方が寒がっていますよ。
ツ「……」
セ「…ツェオリ、まださっきの怒ってるの?」
ツ「別に…そんなじゃ」
セ「じゃあおいで。寒いだろう?」
ツ「…寒くないわ」
セ「震えてる」
ツ「……そんなこと…」
セ「…まったく、強気なのもいいけどねぇ…」
ツ「……え、待ってほんとにいいか、ら、って、きゃ!!」
セ「あー、やっぱりあったかー。くっついてる方がいい」
ツ「だ、き、こまな、いで…よ……っ!」
セ(あ、困ってる…顔真っ赤…かわい……)

Q9わぁ、相手の方が錯乱状態に陥って、あなたの方に迫ってきましたよ!
セ「……ツェオリ、この際だから言いたいんだけど」
ツ「え、…え?何、よ?」
セ「ツェオリ、僕を好きになって」
ツ「…それいつも言ってることでしょ。だから何でそうやって――」
セ「ツェオリは、どうして知らないんだろう」
ツ「…セウ?」
セ「絶対ツェオリなのに。ねぇツェオリ、何で、」
ツ「や、ちょっ、セウ、何…!」
セ「ツェオリじゃなかったら誰なんだ。僕は何なんだ。だから、ねぇ、ツェオリ」
ツ「セウ、そんな言われても分かんな…っセウ!?」

Q10……っとそこで、誰かがあなたたちを助けにきてくれました。
ナ「セウさん、ツェオリさん!!!」
ツ「あ、ナ、ナグサ良かった来てくれt」
ナ「っあああああもうセウさんはぁあぁあああああっ!!!!!!!!!」
セ「はっ、え、ナグサ来てくれたん、っつ、ぐはっ」
ナ「はぁ…はぁ…ツェ、ツェオリさん、無事ですか…?」
ツ「う、うん、ありがと……て言うか、セウ…」
ナ「………そこはまぁ……見なかったことに。いつもの癖でつい」
ツ「……うん、そうよね、自業自得よね、うん…」

Q11良かったですね^^
ナ「ほんと、見つけられて良かったです」
ツ「私的には良かったけど……セウ、大丈夫かな。たまにあるのよね」

Q12よそのお子様で、どなたか閉じ込めたい2人っていますか?
お、恐れ多くて…!!!(笑)

とりあえず物凄く楽しかった。満足。
本編もこんな感じですね。コメディあったりラブあったりシリアスあったり。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。